歯が痛い・しみる(虫歯治療)

その虫歯の痛み、ガマンしていても治りません

その虫歯の痛み、ガマンしていても治りません

「歯が痛い」「歯がしみる」といった症状に心あたりのある方は、虫歯にかかっている可能性があります。虫歯は風邪などとは異なり、治療しなければ治らない病気です。しかも放っておくとどんどん進行してしまい、やがて歯を失ってしまう可能性もあります。

虫歯は早めに治療することで、治療時の痛みや治療回数、治療費といった負担を軽くすることができます。町田市・川崎市麻生区から通える鶴川の歯医者「もとやま歯科クリニック」では、歯医者が苦手な方にも安心して診療を受けていただけるよう、「笑顔」と「丁寧な説明」を心がけております。どうぞお気軽にご来院ください。

虫歯の原因について教えて!

原因1 原因2 原因3
細菌(虫歯菌)の数 糖分の量 歯質の弱さ
原因1 原因2 原因3
虫歯は、虫歯菌が引き起こすお口の感染症です。歯垢は虫歯菌のかたまりなので、歯垢が多いと虫歯になりやすくなります。 お口の中に残った糖分を虫歯菌が栄養として取りこむ際、歯を溶かす酸を出します。そのため、糖分が多いと虫歯になりやすくなります。 酸に対する歯の強さには個人差がありますが、歯質が弱いと虫歯になりやすくなります。不規則な生活や食生活の乱れは歯質をもろくします。

時間の経過

時間の経過

時間の経過

虫歯の原因は「虫歯菌」「糖分」「歯質」の3つ。この3つがそろった状態が長く続く(時間の経過)と、虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされてしまい、虫歯が発生します。これらがそろった状態を長続きさせないため、食後はうがいやお茶によってお口の中の酸性を中和することが大切です。

また食後30分して「再石灰化」がはじまったら歯をみがき、歯垢や食べかすを取りのぞきましょう。歯科医院でのフッ素塗布や、フッ素入りの歯みがき粉を使用することで、歯質は強化することができます。

ページの先頭へ戻る

虫歯の進行段階と治療法

虫歯の進行段階 症状 治療法
【C0 ごく初期の虫歯】
【C0 ごく初期の虫歯】
歯の表面にあるエナメル質が溶けはじめた状態です。透明感が失われ、白くにごって見えます。歯に穴があく前なので、痛みはありません。 正しい歯みがきなどの適切なケアを続ければ、治る可能性があります。
【C1 エナメル質の虫歯】
【C1 エナメル質の虫歯】
表面のエナメル質に穴があいた状態です。痛みはまだほとんどありませんが、黒ずんで見えます。 虫歯に感染した部分の歯を削り、レジン(歯科用プラスチック)をつめます。
【C2 象牙質の虫歯】
【C2 象牙質の虫歯】
エナメル質の奥にある象牙質まで虫歯が進行した状態です。冷たいものや甘いものを食べたときなどにしみることが増えます。 虫歯に感染した部分の歯を削り、型取りして製作した詰め物を入れます。
【C3 神経に達した虫歯】
【C3 神経に達した虫歯】
象牙質のさらに奥にある、歯髄(神経や血管)にまで虫歯が進行した状態です。何もしなくても激しく痛むようになります。 根管(歯髄がとおっている管)から神経を取りのぞき、内部を消毒して薬をつめます(根管治療)。最後に被せ物で全体をおおいます。
【C4 歯根に達した虫歯】
【C4 歯根に達した虫歯】
歯根まで虫歯が進行した状態です。歯ぐきから上の部分の歯はほとんどなくなります。神経が死んでいるので痛みはありませんが、内部では進行が続いています。 ほとんどの場合、歯を抜かなくてはいけません。その場合、入れ歯やブリッジなどで失った歯の機能をおぎないます。

ページの先頭へ戻る

虫歯の治療例

下の写真は、一般歯科治療によって虫歯に感染した部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)をつめた治療例です。

虫歯の治療例

一般歯科では、虫歯や歯周病の治療を行います。当院ではなるべく歯を抜かない治療・なるべく歯を削らない治療を心がけております。歯がしみたり痛んだりする方は虫歯の可能性があるので、早めにご相談ください。

ページの先頭へ戻る

虫歯のリスクを減らしましょう

虫歯のリスクを減らしましょう

虫歯へのかかりやすさはもともとの体質によっても違いますが、生活習慣によっても大きく異なってきます。どのような生活をしていると虫歯のリスクが高くなり、どのようにすればリスクが低くなるのかをご紹介します。

歯みがきは食後すぐ!⇒30分後に

歯みがきは食後すぐ!⇒30分後に

従来、虫歯予防には「食べたあとすぐ歯みがきするほうがよい」とされてきました。しかし最近の研究によると、食べたあとすぐの歯みがきはむしろ歯を傷つけることがわかってきています。お口の中に食べ物(糖分)が入ってくると、虫歯菌がつくり出す酸の働きによって歯の表面からエナメル質の成分が溶け出す「脱灰(だっかい)」という現象が起こります。この状態ではエナメル質がやわらかくなっているため、歯みがきで削りおとしてしまうかもしれません。

しかし、食後30分たつと脱灰が終わり、溶けだした成分が再び歯の表面に取りこまれる「再石灰化(さいせっかいか)」という現象が起こります。歯みがきは再石灰化が起こり、エナメル質が硬くなったタイミングで行いましょう。それまでにお口の中を中和するため、食べた直後にお茶を飲んだりお水ですすいだりしておくと、さらに効果的です。

おやつはいつでも好きな時間に⇒よく噛んでダラダラ食べない!

おやつはいつでも好きな時間に⇒よく噛んでダラダラ食べない!

お口の中が酸性の状態が続くと、「脱灰」のペースが「再石灰化」を上回り、虫歯になってしまいます。そのため、ダラダラと飲食をするのはやめましょう。また、唾液にはカルシウムが含まれており、再石灰化をうながしてくれます。弱アルカリ性なので、お口の中を中和する作用も期待できます。唾液の分泌をうながすためにも、食べものはよく噛んで食べましょう。

ページの先頭へ戻る

お車でもご来院いただけるよう、駐車場を完備もとやま歯科クリニックの医院紹介はこちら

大切な家族の歯を守りましょう年代別の歯のリスクはこちら